*

「そんなES最後まで読まねぇよ」読まれるES書き方のコツ

      2017/05/13

こんにちは。商ちゃんです。

商ちゃん
最近たくさんのメルマガ会員さんがESを添削して欲しいって送ってくれるんだよね。
面接マスター
やる気があっていいやんけ。
商ちゃん
まぁそうなんだけど、全員あそこができてないんだよ。
面接マスター
あそこって何やねん!下ネタかお前w
商ちゃん
何でだよ!あれだよ。ESを書く時に1番大切なコツだよ。
面接マスター
なるほど。謎は全て解けたっちゅうこっちゃ。
商ちゃん
何でいきなり服部平次でてくんだよ笑

話がそれましたがw

今からESで絶対に外してはいけないコツを言います。

これだけは全ての就活生に確実に当てはまる書き方のコツです。

それは、

ESは書き出し1行目が命

ESの書き出しには命を込める

※こんくらい全力で書きましょう笑

これはまじで絶対に意識してください。

命ってちょっと大げさと思いますか?

大げさじゃないです。

まじで全力で書いてください。

1行目はね。

それくらい1行目は大事ってことです。

なぜESの1行目の書き方にはコツがあるのか?

なぜ僕が1行目をここまで重要視するか?

それは単純に、

「1行目がつまらないESなんて人事は読まないからです」

よく人事へのインタビューで

人事部
ESは全部読んでます 

商ちゃん
ほざいてんじゃねーよ。本当は違うだろ。

人事部
正しくはESの最初だけは全部読んでます。だけどねw

ESの全文を読んでいるわけではないです。

だって1社に対してトップ企業だと1万通以上ESが来るんですよ?

確実に全部読むわけないって分かると思います。

担当の人事社員も3人くらいしかいないですし。

だからESの1行目が全くインパクトがない書き出しでは、

全く読まれない残念ESになってしまうんですよね。

最後まで読まれるESの書き方のコツ

 1行目書き出しのルールとして、

・書き出しは結論から

・1行目は短い文で簡潔

これは徹底してください。

具体的に僕が使ってた手法はキャッチフレーズのように、

とにかく分かりやすくインパクトあるものにすること。

だから僕の志望動機は全社(商社問わず)、

「世界中で金儲け」

これだったわけです。

 これめっちゃシンプルかつ、

めっちゃインパクトありません?

てかかなり頭おかしい学生ですよね笑

でも実際にこの書き出しはめちゃくちゃ人事のウケがよかったです。

ESの書き方のコツはコピーライティング?

他にも興味を引く文章を書くために、

コピーライティングの技術もあればさらに良いです。

コピーライティングとはCMとか新聞の見出しとかを、

どうやって魅力ある言葉にするかという技術です。

キャッチコピーのコピーってここから来てるんですよね。

ちなみに僕はこの本で勉強してました。

【最強のコピーライティングバイブル】

コピーライティング

図書館で借りてパラパラ見るだけでも全然違います。

他の就活生でコピーライティング使って、

ES書いてる奴なんてまずいないですから笑。

ESの書き方のコツまとめ

ESを書く際にとにかく1行目にをかける! 

--------------------------------------------------------------------

僕はめちゃめちゃ普通の能力しかないですが他の就活生と差別化するだけで、

就職するのが日本一難しいと言われる総合商社に入社し、今もバリバリ働いています。

ブログは読みやすさとか面白さも考えてるので正直僕が伝えたい内容を全て書いているわけではないです。

詳しくて実践的な話は全部僕のメルマガにびっしり書いてます。

こんな人はメルマガを読む必要があります

・自分に自信がない

・自分が低スペだと思ってる人

・就活していて不安で死にそうな人

・就活で使える特別なエピソードがなくて悩んでいる人

僕のメルマガは自分の今ある魅力をどうやって他の就活生と差別化するか、

ということをめちゃくちゃ詳しく語っていますのでぜひ!

下の画像をクリックしてメルマガに登録できます↓

登録は無料

配信停止したい時はLINEなのですぐにブロックするだけで簡単です。

しつこく何度もLINEが来ることは絶対にありません。

友だち追加

 - テクニック