*

就活面接の練習はまず自分が話してる動画を撮ることが1番効果的

   

こんにちは。商ちゃんです。

お陰様でこのブログもたくさんの就活生に読んで頂いているんですけどね、

就活生からの質問で多いのが、

面接ってどうやって対策すればいいですか

確かに面接の対策ってあります。

そりゃ声の出し方などの話し方や、

自分の話の構成の仕方、

あとはどうやってESの文章を読んでいるようにならずに力強い話をするかみたいな方法ですね。

まぁこれらはメルマガでも色々話してるんでぜひ。

 

ただ!

僕が今日言いたいことは面接の対策法ではないんです。

そもそも自分の話している姿を見たことがありますか?

面接の対策何しようとか考える前に自分がどんな風に話してるか知ってるか?

これって僕の経験上99%以上の人が自分が面接風に話している映像を見たことはないです。

これすっげー不思議だなぁと僕は思ってるわけです。

だって例えばスポーツの練習だったり、

ピアノの練習だったり、

そういうのって絶対ビデオに録画して自分の弱点を見るけるってやりませんでした?

 

僕は中学の時バスケ部だったんですけど、

自分のシュートフォームとかめちゃくちゃ録画して見返しましたし、

練習試合のビデオも何回もチームで見て反省会しました。

じゃあなんで就活の面接では誰も自分の映像をとらないの?

って思っちゃうわけですよ。

だって今まで何かを上達するためにはスポーツでも音楽でも自分が実際にやっている動きを映像で見返したわけじゃないですか。

じゃあ面接も上達したければ自分が話してるときの様子を見たほうが良くないか?

っていう単純な理由です。

実際の自分とイメージ上の自分は全く違う生き物

僕も就活生のときに自分のスマホで志望動機を話して録画したときは衝撃的でした。

何が1番驚いたかって、

俺の声低い

いやーあれはまじで驚いたな笑

最初「誰が話してんだよ」ってくらい偽者野郎が話してるレベルの違和感だったからね笑

でもそのくらい自分の頭の中の自分の声とか、

実際に話してるスピードとかって、

本物の自分とは全く違います。

 

美容院で髪の毛セットしてもらった時はかっこよかったのに、

次の日自分でセットしてなんか微妙だなーっていうの気持ちの、

500倍くらい違います笑

まぁめっちゃ違うってことです。

それだけ違ったらいくら自分では「こうやって話そう」とか決めてても意味がないじゃないですか?

だって自分の想像と実際の自分は全く別人なんですよ?

勝手に妄想上でめっちゃ面接上手な奴になっても全く意味ないですからね。

現実の自分を知ってから面接練習が始まる

面接で気をつけるべきポイントってそりゃたくさんあります。

でもまず自分が普段どうやって話してるのか、

それでどこを変えなきゃいけないのか?

またはどこが自分の良いポイントなのか。

これって実際に自分の目で自分を見てみないと絶対に分からないです。

 

誰だって料理する時は見ながら作りますよね?

目つぶって料理して「はい!美味しい(^^)」

こんなアホなことないわけです笑

常に自分がどうなってるか確認しながら練習するから上手になるんです。

本番の練習で自分がどうやって話してるか自分でも知らないのに、

「面接で上手に話せたかなぁ」

こんなこと悩んでるのは謎じゃないですか。

まず自分の話してる姿を知らないと何も始まらない。

面接練習は自分の録画動画を見ることから始まります。

具体的な面接対策はこちら↓

>>面接関連の記事一覧

--------------------------------------------------------------------

僕はめちゃめちゃ普通の能力しかないですが他の就活生と差別化するだけで、

就職するのが日本一難しいと言われる総合商社に入社し、今もバリバリ働いています。

ブログは読みやすさとか面白さも考えてるので正直僕が伝えたい内容を全て書いているわけではないです。

詳しくて実践的な話は全部僕のメルマガにびっしり書いてます。

こんな人はメルマガを読む必要があります

・自分に自信がない

・自分が低スペだと思ってる人

・就活していて不安で死にそうな人

・就活で使える特別なエピソードがなくて悩んでいる人

僕のメルマガは自分の今ある魅力をどうやって他の就活生と差別化するか、

ということをめちゃくちゃ詳しく語っていますのでぜひ!

下の画像をクリックしてメルマガに登録できます↓

登録は無料

配信停止したい時はLINEなのですぐにブロックするだけで簡単です。

しつこく何度もLINEが来ることは絶対にありません。

友だち追加

 - 面接