就活生の親にこれだけは絶対伝えたいこ4つのこと

シェアする

就活生の親に絶対に伝えたい4つのこと

こんにちは。商ちゃんです。

※最初に言っておきます。
この記事は就活生向けでなくて就活生の親向けです。
ウザい親がいる人はぜひこの記事を全力で家で拡散させてください笑

ブログ書いたりメルマガやってると、
本当にたくさんの方から質問が来て毎日感謝してます。

やっぱ反響があるってすごい嬉しいですからね。

「俺の意見がみんなに影響与えてんじゃん!」

って興奮してます笑

普段は就活生の方とか、
もうすぐ就活する大学生からの質問がほとんどなんですが、
たまに就活生のから連絡くることあるんですよね。

質問してくるのはほとんどお母さんですが。

それで僕が感じたのは、
就活生より親のほうが悩みが深い!!笑

いきなりめちゃ丁寧な長文で質問してくれる人とかいてですね、
こんくらいの熱意で子供も就活すれば両親も悩まないのになぁって思ってます。

だから今日の記事は就活生じゃなくて就活生の両親に向けて書いた記事です。
もし過干渉でうるさいとかね、
そう感じてる就活生の人は親にこの記事をバシッと見せてみてください。

そのくらい本気で熱い文章になってますから。
じゃあいきましょう!

就活で親は子供にアドバイスなんてできない

以前も↓の記事で書きましたが、
今の就活状況とお母さんが就活していたバブル時代の状況は全く違います。

⇒就活で親の言うことは聞くな!

お母さんだっておばあちゃんが1964年の東京オリンピックの話してきても、

「昔のことすぎて実感持てないわ」

って思うでしょ?笑

それくらい自分が生まれたくらいの時代の状況と、
自分が大人になったときの世の中の状況って全然違います。

親たちが就活していた1980年代からバブル崩壊の1990年代前半までの間に今の就活生は生まれてるんですよ!

じゃあ子供は親が言ってることに対して、
「昔と今は違うの!」
って感じるのも普通ですよ。

こんだけ状況も違えば、
昔は通じた戦略とかその時の常識も今は全く違う、
使えないものになってます。

1985年に発売されたシャープの↓の電卓なんて、
当時7800円ですよ!

シャープの電卓

引用元;シャープHP液晶の世界

こんなの今なら100均で売ってるじゃないっすか。

価格が30年で78分の1になってるんだから、
社会の常識もそんくらい確実に変わってますよ。

子供はスマホ基準の脳みそで話してるのに、
お母さんが30年前のシャープの電卓の脳みそだったら、
ろくなアドバイスできるわけないです。

実際に当時のシャープに就職すれば安定だって言われたでしょうけど、
今シャープって台湾の会社の子会社ですからね。
ただの下請けになってしまったわけです。

だから親のあなたの、
「子供に適切なアドバイスができる」
って気持ちは捨て去って下さい。

アドバイスしても子供は、
「私の親は何もわかってない!」
ってキレるだけですから笑

使える実践的なアドバイスなんてどうでもいいんで精神的な支えをして下さい。

今の就活生の親は精神的に子供を支えるというより、
完全に追い込んでます。

子供を地元(家)に帰らせるのは諦める

大学までは東京とか大阪に行くのもいいけど、
就職は地元で。

もうこの古い考えやめようよ。
だって地方とか仕事ないもん。

ってか大学で4年間もそこに住んでたら、
そこって子どもにっては故郷だからね。

いきなり故郷から引き剥がそうとしても、
そりゃ子供は嫌がるでしょ。

それに地元に帰ったら別に仲良くなかった中学・高校の友達と会わないといけないし、

そいつらが市役所とかで
「公務員だからまじ安定!」

とか言ってて自分が地元の中小で働いてたら
惨めな思いするじゃないっすか。

そんな非道を子供に無理強いするのは絶対にやめてください。
親が子供を思う気持ちは僕もよく分かります。
そりゃ家族ですからね。

でもそんだけ愛してるなら別に自分が会いにいけばいいじゃん。
あなたの残りの人生より、
子供の残りの人生のほうがめちゃ長いです。
だからそっちを優先してあげようよ。

子供だって帰ってこいって言ったらめんどくさいって思うけど、

お母さん
地元で就職しなさい!
嫌だよ。東京で暮らしたいの。
お母さん
じゃあお母さん、あなたの家に頻繁に会いに行くわ!
え?それならまぁいいけど。

ってなるでしょ!

昔の感覚で失敗とか成功とか考えないでください

親って自分の子供の将来がすげー心配。

それにテレビとかでブラック企業とか派遣とかのこと死ぬほど言うから

「子供が将来困ったらどうしよ!!!!」

って不安なのはよーーく分かります。

ただ、

昔の感覚で今を見るとレベルが全然違うってことあるんすよ。

例えば昔の彼氏に求められてた3高(高身長・高収入・高学歴)ね。
正直今でもこんなの求めてたらもう嵐の櫻井くんくらいしかいないでしょ?

櫻井翔

櫻井翔:171cm・慶応卒・ジャニーズエース
※身長は普通ですが顔が最強なのでOK

というかもっと真面目な話しをしましょう笑

お母さんの世代より女子大学生が増えて高学歴女子が多くなってます。
だから相手に求める学歴・収入も勝手に上がってしまうんだよ。

てことはそんな無敵男子は昔の基準で探したら全然いないわけ。
だって女子がすげーレベルアップしてんだから。

これと同じで親世代より大卒者は超増えてるから、
就活のライバルも多いわけです。

ちなみにこれが大卒者の推移↓

大卒者推移引用元:朝日新聞デジタル

1984年なんて38万人が大学卒業して、
就職したのが29万人。

でも2014年は58万人が卒業して、
就職できたのは39万人。

大卒者が20万人増えてるのに、

就職できたの10万人しか増えとらんやん!

それに昔は今じゃアホかって感じる職業いっぱいあったんでしょ?

みんなパソコンで文字打てないからタイプライターって仕事もあったし(当時はパソコンじゃなくてワープロ)

スマホでスケジュール管理もできないし、

すぐ連絡もできないから秘書がめっちゃいたし、

今じゃありえない効率の悪さで仕事してたんですよ。

効率がどんどんよくなれば働く人もどんどん減ってくわけで、
じゃあ大卒者が増えてライバル急増中なのに、

絶対大企業いけ!

みたいにめちゃくちゃ難易度高い要求を子供に与えないで下さい。

僕ら若者も必死なんすよ笑

今の世の中では普通の水準を求めることも大変な努力がいるってこと。
これをお母さん・お父さんにはわかってほしいです。

就活生の親は全力でサポートしたほうがいい。ただアドバイスはするな

僕が1番言いたいことはこれです。
親なんだからサポートは全然していいです。

過保護な親でもいいじゃないっすか。
他人に何と言われても心配なもんは心配なんだから。

ただアドバイスは全く役に立たないから、
言う必要がないってことです。

理由は親世代とは就活の環境もルールも全く違うからです。

いくら野球がうまい人でも突然将棋教えろって言われてもできないです。
そんくらい昔と今の就活は違うってことです。

子供が夜エントリーシート書いてたら、
テレビ消して静かにしてあげるとか、
美味しいご飯作ってあげるとか、
説明会に寝坊しそうな起こしてあげるとかね。

あとは就活ってお金めちゃ掛かります。
特に交通費

僕もめっちゃ疲れるの分かってるのに夜行バスで東京に何回も行きました。

あとはシャツのクリーニング代とかスーツ代とかね。

変なアドバイスで無駄なプレッシャー与えるより、
徹底的にサポートして後ろから支えてあげてほしいなって思います。

そしてこれを読んでいる就活生の皆さんはぜひ、
「お母さんこのブログめっちゃ面白いよ!」

って広めておいて下さい笑

※少しずつメルマガに就活生の親の読者も増えてます。
ブログに書いていないもっと実践的なアドバイスもメルマガでは話してるのでぜひ登録してみてくださいね。

メルマガ告知

僕はめちゃめちゃ普通の能力しかないですが

他の就活生と差別化するだけで総合商社に入社しました。

ブログは面白さとか見やすさも考えてるので

正直僕が伝えたい内容を全て書いているわけではないです。

詳しくて実践的な話は全部僕のメルマガに書いてます。

LINEメルマガ登録はこちらから↓

友だち追加

ぶっちゃけ就活って今までの人生で

1番人生を変えるイベントです。

もちろん良い結果もあれば

絶望的な結果もあります。

ただ本気で就活で失敗したくない

と思ってる人はメルマガに登録しないとはっきり言って損ですね。

こんな人に向けてメルマガを書いてます!

・自分が低スペだと思ってる人

・就活していて不安で死にそうな人

逆に就活余裕だぜ!

って調子乗ってる野郎は絶対に登録しないで下さい。

こんな感じで個別質問にも回答してます。

メルマガの質問

登録は無料

配信停止したい時はLINEなので

すぐにブロックするだけで簡単です。

しつこく何度もLINEが来ることは絶対にありません。

LINEでの個人的に質問にも対応してますしね。

友だち追加