小さなキッカケ・大きな変化

シェアする

こんばんは。商ちゃんです。

一通目のメールで僕を変えたキッカケがあったと話しましたが今日はそのキッカケについてです。

大学1年の冬頃に、

「何で俺理系に入っちゃったんだろうな。毎日実験するのも嫌だわー」

って思ってて。

それで「自分の人生が何か変わるんじゃないか?」ってことで本を読みまくってたんです。人生の勉強って感じでね。

それで色々な本読んでると起業家というものがもの凄いかっこいい存在だなって思ったんです。

それである時ネットで起業したい社会人が参加する有料セミナーの案内を見つけたんです。でも、
「起業したい人が対象かぁ。」
「でも参加料5000円は学生には高いよなぁ」
って思ってたんですね。

だって社会人相手だったら有料のセミナーって普通ですけど大学生の僕からすると、お金払ってセミナーに行くってなんかすげー抵抗あったんですよね。

でも当時はただ何となく大学生活が終わっていくのが耐えられなかったし、このまま理系の学生として毎日実験する人生かぁーとか思うともう頭狂いそうだったんです。

だから「もしかしてこの5000円で何か変わればまぁ安いだろ!」って思って参加したんですよね。飲み会1回行くのやめてセミナー参加するか!って決意しました。

それに講師の人が僕の大学の先輩でであったことも何か親近感が湧いて参加したんですよね。

場所は大阪マルビルの大会議室でした。参加者は100人くらいいて僕だけ明らかに場違いなくらい若かったって覚えてます笑

講師の人は30歳くらいの人で、新卒で総合商社に入社して5年働いた後に独立して、今は法人向けに貿易コンサルタントをしてる人でした。

ちなみにこの人をきっかけで僕は総合商社の存在を知りました。

そして話が始まると僕の意識が完全に100%その講師に集中してくのがハッキリ分かるくらい話に引き込まれちゃったんですよね。

とにかくヤバイ、
かっこいい、
俺もこうなりたい。

まじでアホ丸出しな感想ですが人間本当に衝撃受けたときにって簡単な言葉しか出てこないんですよね。

だってまず商社入った時点で人生勝ち組だろって僕は思ってたのに、
「なんでこの人起業してんの?」
「しかもなんでまだ若いのにこんな説得力あんの?」
「どんだけ自分の力で人生変えてんだよ?」

って素直に思ったんです。

これがキッカケで僕は「何としても成功する!」って決意を持って大学生活をとにかく自分で決定して行動していけるようになったんです。

セミナーで話を聞いて以来、毎日僕はあの日のことを思い出してしまいます。
それくらいあの話は僕の人生を半端なく変えてくれました。

でももしかしたら他の参加者の人は何も変わってないかもしれないですね。ただ僕の人生が変わったことは間違いのない真実なんです。

あのとき5000円払わずに飲み会なんか行ってしまってたら。。。

今どんな絶望的な毎日を送ってるんだろうと思うと恐怖しかないです。

少しのキッカケで人生は大きく変わります。だから就活で迷う暇があったらまず動いてみてください。

99%以上の就活生は「普通はこうやって就活するよな」っていう自分で勝手に作り出した普通の壁で自分を閉じ込めてます。

別に死ぬような危ないことなんてないんだから動いてみていいじゃないですか?
とにかく行動。

別に就活に限らず人生で1番大切なことだと思ってますけどね。
あなたも僕が見つけたような人生を大きく変えるキッカケが見つかれば劇的に変わりますよ。

今日は以上です。