コンビニのおでんになれば就活は失敗だ

シェアする

こんばんは。商ちゃんです。

僕はいつも「就活は差別化することが大切」と言っていますが、
差別化するってどういうことか?

例えばもし面接官だったらって想像して下さい。
今2人の学生が面接に来ています。

1人は早稲田サッカー部で政治経済学部・アメリカ留学経験者、もう1人は慶応陸上部で経済学部卒・オーストラリア留学経験者の学生です。

「いやこいつら特徴が似過ぎだろ」
「でも1人しか採用できないから迷うなぁ」
って思いますよね?

ファミマとセブンのおでんどっちが好き?って聞かれてもほぼ全員がどっちでも好きでしょ。
それで1つだけ選んでって言われたら最後は勢いでこっち!って選ぶしかないですよね。

僕が言いたいのは意識してないとあなたもファミマのおでんになってしまいますってことです。

要は選ばれるか選ばれないか完全に運任せになっちゃうんです。差別化できてないと運次第で自分の就活が決まってしまうってことです。

ここからは僕の実体験なんですが僕が商社の就活で言ってた自分の経歴は、
理系✕スポーツチャンバラ部✕中国留学でした。

実は僕が話していた自己PRって全然すごいことじゃないんですよ。自分で自分をディスるのも嫌ですけど笑

だって理系なのは別にすごいことじゃないでしょ。
スポーツチャンバラ部だって超マイナー競技で知名度もないし大会もない趣味程度のものだったし。
中国留学だってお金出せば誰でも行ける語学留学です。

というか他にもいわゆる就活で使えそうなすごい話を僕は持ってたんです。

それは新しくインカレサークルを作って3ヶ月で70人集めたことなんですけどね。この話ってめちゃくちゃ就活生っぽいじゃないですか?笑

だからダメなんです。
だってサークル作った話じゃ他の奴と差別化できないからです。

僕の持ってた経験だと理系✕スポーツチャンバラ部✕中国留学っていう組み合わせが、僕と他の商社志望の学生を最も差別化できる切り口だったんです。

だからサークルの話は使わなかったんです。

就活のアピール時間ってすごい少ないです。
ってことは最強に効率よく相手にバシッと魅力を伝えないとダメです。

1番効率はいい方法は他の奴と違う特徴を持つことです。

いわゆる商社に入る学生で多いのは、
文系×体育会ガチ部活×英語圏留学

僕の1番嫌いなタイプですね笑

でも彼らと僕の経歴って完全に違うじゃないですか?
彼らと僕は全然似てない。だからこそ差別化できたんです。

僕みたいに普通スペックの奴が正面から競争したら勝てるわけないじゃないですか。
だからライバルを減らすんです。

ライバルを減らすっていうのは自分と周りを差別化して競争しないってことです。
だって比べられなければ競争しないでいいですから。

ラーメンと紅茶どっちが好きって聞いてくるバカいないでしょ?
だって全然違うものだから。

これが差別化です。
別に難しことをしなくてもいいです。
自分のどの特徴を使うか考えてやっていくということです。

ただ自分だけで考えていてもいつの間にか普通の学生になっちゃうもんです。
だって就活って1人でやるから。

他の人と知らないうちに似たようなこと言ってるのに面接まで気付かいないんです。
グループ面接で隣の奴が自分と全く同じこと言って初めて焦るわけです。

これってかなり悲劇です。

だからこそ僕はこうやってメルマガ読者の方には早くそのヤバさに気付いてもらいたくてメルマガ書いたりブログ書いてるわけです。

早めに気付いたほうがいいですからね。

今日は以上です。
質問も気軽にどうぞ!

P.S メルマガに対する質問で1番多いのが「自分をどうやって企業にアピールすればい
いか分からない。というかアピールできる経験とかもないから困ってる」

という質問というか悩みが1番多いです。
同じ悩みがあまりにも多いので特別に新しく企画を作りました。

明日のメールで詳しく案内するので期待して待っておいてください。